オフィス移転はあっという間に終わりました

当初の予定から三ヶ月遅れ、いよいよオフィスの移転をおこないました。
昨日の夜までにデスク、キャビネット、ロッカーの中身は各自でダンボールにつめ、パソコンは専用のバッグに収納、大型の複合機や各種プリンタは業者が、できるだけパーツに分解し、プチプチのビニールシートでぐるぐる巻きにしてくれました。
今回、総勢50人程度の引っ越しなのですが、こんなにたくさんあったのかとビックリしたのが、書類とゴミ。

 

 

机のなかから、キャビネットから、書類のファイルがどしどし出てきて、ダンボールに詰めても詰めても終わりません。どこがペーパーレス社会じゃ。

 

けっこう古いファイルも発掘されたりして、ほとんど書類の宿便。書類の化石。このあたりは、ほとんどゴミの区別がつきません。
ゴミも大量でした。いらない書類は文具、よくわからないカギ、ねじ、もう書けないペン、せっかくの海外土産だけれどセンスが悪いので誰も使い手のなかったマウスパッド。ビニル傘が数十本も出てきました。そういうのをがっさがっさ捨てて、捨てて、これでもかこれでもかと捨てまくりました。
それで、スリムになって、今日は荷物移動。といっても業者におまかせです。
早い早い。すごいすごい。背丈を越えるようなキャビネットを二人一組でひょいひょいっと台車に乗せて運んでいきます。あれはきっとコツがあるのでしょう。力持ちでもなさそうなのに、最小限の力で重たいものを運ぶ要領があるのでしょう。見事。芸術です。
そんなわけであっというまにフロアは空っぽになってしまいました。
さあ、明日は送り出した荷物を新しいオフィスに運び込む番です。もういちどあの手際のよい仕事を見ることができるなら、休日出勤もまた楽しみです。

 

待望のオフィス移転を良い業者に頼めて良かったです。